【仮想通貨のお財布】「MetaMask」(メタマスク)って何ができるの?「作り方」を解説

クロケモノ
クロケモノ

仮想通貨って資産運用以外にも使い道あるん?

シロケモノ
シロケモノ

「メタマスク」ってものに「いれておく」って聞いたことあるけど。。。?

たーなー
たーなー

「仮想通貨」は「メタマスク」に入れることによっていろんな使い方ができるよ!

ということで今回は「メタマスク」についてお話しします。

記事の内容

・「メタマスク」って何?

・メタマスクの作り方 (3ステップで解説)

たーなー
たーなー

「男はつらいよ」には日本人の本質がつまっております(今9話目ヒロインは「吉永小百合」)

2022年2月からブログを開設しました。

初心者からのスタートで学びながら発信。

実際に自分で手を動かし、体験しながら記事を書いているので

初心者の人(ボク含め)がわかりづらいポイントをおさえながら

記事を見れば誰でもできるように書いてます。

ゆっくりひとつずつ頑張ってみてください。

カネケモノ
カネケモノ

「MetaMask」に入れる「暗号資産(仮想通貨)」は「暗号資産取引所」でgetできるマニー¥

コインチェック公式にアクセス

【画像付きで解説】仮想通貨の始め方。「コインチェック」で口座開設しよう。【完全無料】

それでは「目次」からどうぞ!

【仮想通貨のお財布】「MetaMask」(メタマスク)って何ができるの?

「MetaMask」(メタマスク)って何?

MetaMask」(メタマスク)は仮想通貨の「お財布」です。

もうすこし厳密に言うと

イーサリアム系の通貨を管理する専用のお財布です

*イーサリアム(ETH)…ビットコインに次ぐ仮想通貨の代表格

「MetaMask」に入れることで様々なサービスを使用可能

「MetaMask」に「イーサリアム」を入れると

NFT」の購入、「DeFi」関連サービスの使用

ブロックチェーンゲーム」の利用が可能になります

*「NFT」…「非第替性トークン」。データを「所有」できるようになる

*「DeFi」…「分散型金融」。既存の銀行になりかわる「新しい時代の銀行」のようなもの

*「ブロックチェーンゲーム」…仮想通貨のシステムを使ったゲーム。遊びながら稼ぐことも可能

どれも「Web3」を象徴する重要なキーワードなのですが今回は省略します。

「メタマスク」をインストールして「仮想通貨」をいれてからの話なので

今回は「メタマスク」に集中しましょう!

たーなー
たーなー

「Web3」系のサービスを使用するのに必須のツール。

コインチェックなどの「暗号資産取引所」と「メタマスク」

はセットで設定して「Web3」を楽しもう!

「MetaMask」の特徴

⚪︎オススメポイント

  • 無料で使えて日本語対応OK
  • 初心者でも簡単にあつかえる
  • OpenSea」と連携 (NFTを購入できる)

*「OpenSea」とは世界最大のNFTマーケットのこと。

要するに「誰でも簡単に安心して使える」ということです。

⚪︎要注意ポイント

  • ブラウザの制限 (Safariが使えない)
  • ハッキングのリスク

⚪︎ iphoneの標準ブラウザである「Safari」が使えません。

ただ「GoogleChrome」が使えるので問題ないでしょう。

(他に「Brave」「FireFox」「Microsoft Edge」が使えます)

⚪︎ ハッキングのリスクがあります。(詳しくは後述)

ただ、こちらも一点に注意すればほぼ回避できます。

「MetaMask」で『ウォレット』を作る方法【3ステップ】

それでは「MetaMask」で『ウォレット』を作っていきましょう

とその前に、先ほどもお伝えしましたが

MetaMask」は『仮想通貨』の「お財布なので

仮想通貨取引所に登録する必要があります

まだ登録されてない方は、アプリダウンロード国内NO.1大手で安心の

コインチェックがおすすめです。

こちらの記事で詳しく解説しているので読んでいただけますと幸いです。

【画像付きで解説】仮想通貨の始め方。「コインチェック」で口座開設しよう。【完全無料】

たーなー
たーなー

では3ステップで解説します!

  1. 「メタマスク」をインストール
  2. 「ウォレット」『パスワード』の設定
  3. 「ウォレット」『シードフレーズ』の設定

シロケモノ
シロケモノ

「シードフレーズ」!?おいしいそう!

食べ物じゃないよ!初めて聞くワードだと思いますがご安心を。

画像付きで解説するので、スマホで記事を見ながら

パソコンで設定するのがおすすめです。

✳︎Google Chromeの例で解説。

インストールされてない方はこちらから

①「メタマスク」をインストールする

はじめに「公式サイト」へGo。

メタマスクは偽サイトが流通しています。

誤って偽サイトから登録した場合

仮想通貨を抜き取られる可能性があります

>>https://metamask.io

(上記URLは公式のものです。ご安心を。)

公式サイトに入るとまず画面右上

言語を「日本語」にしておくと進めやすいです

日本語になりました。「ダウンロード中」をクリック

Chrome用のMetaMaskをインストールします」をクリック

Chrome に追加」をクリック

拡張機能を追加」をクリック

これで「MetaMask」がインストールされました

シロケモノ
シロケモノ

えっ!もう!?簡単だね!

②「ウォレット」『パスワード』の設定

「ウォレット」をつくっていきます。

まずは『パスワード』の設定からです。

開始」をクリック

ウォレットの作成」をクリック

同意します」をクリック

新しいパスワード」を入力

パスワードの確認」に同じパスワードを入力

「利用規約」に「✔️」を入れ「作成」をクリック

「次へ」をクリックで『パスワード』の設定は完了です。

クロケモノ
クロケモノ

これまたサクッとできたな!

ちなみにこの動画は英語ですが余裕があればご覧になってください

イラストだけ見ても注意点がわかり理解が深まります

③「ウォレット」『シードフレーズ』の設定

たーなー
たーなー

ここは少し要注意!よく読んでね

まず、前提として

『シードフレーズは絶対に他人に教えてはいけません。』

これを守ればハッキングのリスク回避に繋がります

「シードフレーズ」は「12の単語の羅列」です

この「12の単語の羅列」を「紙に書いて保存」しておいてください

*PCやスマホのメモに保存するのはオススメできません(ハッキング等のリスクがあるため)

「シードフレーズ」が他人の手に渡ると資産を盗まれます

「シードフレーズ」を聞き出す = 「詐欺」と心得ましょう。

たーなー
たーなー

では以下の手順に沿って設定してください

黒い部分」をクリックすると

シードフレーズ」が表示されます

紙に書いて保存」して「次へ」をクリック

「空白の枠に」「赤枠」の中の「シードフレーズ」を入力

先ほど『メモした「順番通り」に単語を選択していきましょう』

選択」したら下にある「確認」をクリック

すべて完了」をクリックして「ウォレットの作成」完了です

お疲れ様でした

おまけ

「MetaMask」を使いやすくするための「おまけ」です

設定しておくと今後が楽なのでよければついでにどうぞです

設定すること

・「Google Chrome」に「メタマスクのアイコン」を表示させる

・自分のメタマスクに「名前」をつける

「Google Chrome」に「メタマスクのアイコン」を表示させる

Google Chrome をひらきます

  • ①「拡張機能」ボタン(黒い印)をクリック
  • ②「ピン」をクリック(青くする)
  • ③キツネがとびだし今後はここをクリック

自分のメタマスクに「名前」をつける

先程設定した「キツネ」をクリックすると

画像のページがででくるので右の3つの点をクリックし「アカウントの詳細」をクリック

ペンのマークをクリック

「好きな名前」を入力し右の×をクリック

自分の好きな名前のウォレットになりました

ちなみに名前(たーなー)の下の番号(モザイク部分)が「ウォレットのアドレス」です

これで追加の設定も完了です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

これで「メタマスク」の設定が完了して

「NFT」の購入や「DeFi」関連サービスの利用

「ブロックチェーンゲーム」を使用できる

「ウォレット」(お財布)をgetです。

次のステップはコインチェックや

ビットフライヤー等「暗号資産取引所」へ

「イーサリアム」を『送金』しましょう

引き続き解説していきますので

どうぞよろしくお願いいたします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。